愉快な2わん

仲良し、同じ5月生まれのプードルとキャバリア。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一週間後

22日土曜日。
しつけ教室から帰ってきたあと、アリアス血液再検査のため病院へ行ってきた。

結果は先週から変化なし。
平均値に戻っていませんでした。
白血球・好中球・平均血小板容積の値が少ない。
減少した時の状況や疾患として、ウイルスや薬物、造血異常、骨髄異形成 など・・・。
こうして文字にすると怖いことが色々と記載されていました。

今の時点では数値が微妙で
これといった病名をつけれるほどの状態ではないのだけど
たとえば造血異常や骨髄異形成などは通常の血液検査でなく
骨髄検査という麻酔使用の検査になるようです。

来月末あたり、フィラリアの血液検査を兼ねて再度白血球の状態を見て判断するようです。
それにしても数値が少ないといっても、0.2~1低い程度なので強行に検査というのもリスクがあるのではないかということでした。
MRIの時と同じなんだよなぁ・・・。(T_T)
なんとか原因をつきとめたい。
もどかしい。


暖かくなってきて足の具合は今のところ安定していたのに
今度は血液かも知れんてなぁ…。・°°・(>_<)・°°・。



関連記事
【 2014/02/23 (Sun) 】 健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。